2017-08-20

空を飛んだ日

私にはやりたい事が沢山あります。

空を飛ぶこと、スカイダイビングも
その1つでした。


元々私は高所恐怖症に近いほど
高い所は苦手でした。

飛行機も苦手。



そのような私ではありますが
ある時、出張で飛行機に乗ることが
とても多い時期がありました。


飛行機の離着陸時の安定する前の感覚

私はあの感覚が苦手だったのですが
慣れとは恐ろしいもので

乗れば乗るほど
だんだんとあの感覚が
そこまで嫌ではなくなりました。



むしろ、その頃から


空を飛びたい
と思うようになったのです。


空を飛べる
と思うようになったのです。


ついには空を飛びたい
という想いが消えなくなってしまったのです。



これは私自身が一番驚いている
大きな変化です。



飛びたいと思い立ってから約2年

どこか不安な自分がいて
誰かと分かち合いたい自分がいて
一緒に飛ぶ方を探しておりました。



誘った方々に断られても断られても
我ながらよく諦めなかったと思います。

それ程、私は飛びたかったようです。
もはや執念のスカイダイビング。



ついに昨日、上京してきた友人とともに
飛んで参りました。



飛ぶまでに
色々と時間はかかりましたが

飛んでしまえば
本当にあっと言う間でした。



私が飛ぶ前の飛行機で
ダイビングした方を
地上から見ていると

パラシュートが開いているにも関わらず
想像以上の速さで落下してきて
とてもビックリ致しました。



そうこうしている間に
私の飛ぶ飛行機の順番。

私は一緒に飛んで下さる方が
かなりベテランさんのようで
とても楽しく、安心して飛ぶことが出来ました。


と言っても
言われた通りの動きを
空中で行うことに私が必死すぎて

途中景色を優雅に見る
余裕はありませんでしたが

飛んでいる感覚は
体験しないとわからないものです。



フリーフォールは
かなり早いスピードで
落下していると思うのですが
そのような感じはなく

肌に当たる風でスピードを感じるも
想像以上にゆっくり感じました。


飛行機やジェットコースターより
スカイダイビングのフリーフォールの方が
嫌な感覚はありませんでした。



ただ、1番最初の飛び出しだけは
怖かった過ぎて
すでに記憶にありません。


知らない間に
私は気付けば飛んでいました。



フリーフォールでは360度回転もして頂き
パラシュートも持たせて頂いて

最近の疲れなど
飛んだ瞬間に吹き飛んでおり

とても充実した時を過ごさせて頂きました。



パラシュートが開いてから
着地のために足を上げる練習がありましたが
身体は地上にいるのと同じような感覚でした。



雨も心配しましたが
私のダイビングの時のお天気は問題なく

むしろ少し現れていた雨雲の中を
突っ切ってダイビングするという

実は非常に珍しい経験まで
する事が出来ました。



本来、天候が悪い時は
基本不催行になるため

そのような雨雲を突っ切るという機会は
滅多にないのだそうです。




貴重な体験の雨雲は
薄暗く、周りは雲しか見えず
とても冷たくて、痛く、少し怖かったです。


先も何もかもが見えない雲の中
ただ私は下に落ちていく事だけが
はっきりとわかっていた。




不思議なことに
その雲の中を落ちている瞬間

ぼんやりと人生や未来も
この雲の中のようだと
考える余裕さえありました。




見えない不安。


それでも自分は
確実に未来に進んでいるという確信。





そして雨の冷たさ、風をきる感覚を感じ
何故かその時の私は
野生の鳥になった気分でした。



雨雲を抜けて地上が見えた時
まさに飛行機から見るような地図の上でした。

でも飛行機から見える景色とは全く違う。


飛行機の機体などに邪魔されず
自分も自然の一部となったような一体感。

全ての自然を感じ、全てが見えるのです。



前の人が着地していくのを待って
風に乗っていく。

着地はとても優しくふんわりと
気付けば大地を感じていました。


今思い返しても不思議な感覚です。

そして雨雲を通過したためか
地上に戻った時は、濡れねずみ状態でした。



本当に素晴らしい体験を致しました。
想像を超えた想像の世界でした。

あんなにも怖かったのに
経験してしまえばもうそこまで怖くない。



むしろ機会があれば
私はまた飛びたいと思います。



帰りは激しい豪雨
落雷の影響で電車が遅延しておりましたが


そのような日にも関わらず
本当に素晴らしいタイミングで
素晴らしい経験を致しました。


余談ですが、本日はまた想像以上の
全身筋肉痛となっております。



怖い怖いとイメージだけで
頭の中で勝手な想像を膨らませていくよりも

思い切って体験してみること。


それが1番大切なことかと感じます。



当たり前のことかもしれませんが
体験したことがない未知の世界だから
怖いだけなのです。

知らないから、怖いだけなのです。

知ってしまえば、もう怖くない。




ハイヒールで美しく歩くことに対して
美しく在ろうとすることに対して

その他のことであっても
興味が湧いたことが自分の中にあって


そこでもしも躊躇や不安がある女神さまが
いらっしゃるなら是非伝えたい。



興味があるならば1度でも構わない。

ほんの1度で構わない。


1度だけでも、挑戦して経験してみて
自分の心がどう感じるか。

素直に感じて欲しいと思う。



経験したことのない頭の中で
不安な想像を膨らませ考えるのではなく

自分の心で体感してから
今後の未来を考え決めて進んで欲しい。



私自身が頭でっかちに考え
想像で出来ないと決めつけてしまうタイプでした。

今でもまだその傾向は変わりません。

だからこそ、同じような女神さまの考えること
不安な気持ちもとてもよくわかるから

だからこそ伝えたい。




私も、あなたにも
可能性は無限大にあります。

必要なものは挑戦という行動を起こす
ほんの少しの勇気だけなのです。


頑張って出したほんの少しの勇気は
必ず自分が想像していた以上の
素晴らしい世界を魅せてくれます。



たった1人でも、私の体験が
どなたかの勇気に繋がればとても嬉しい事です。

camélia Ayako

一人ひとりに天の使命があり
その天命を楽しんで生きることが
処世上の第一要件である。
渋沢栄一















2017-08-19

師の見つけ方

先生と師匠

どちらも先生であり
同じような意味だと思っていました。

ただ感覚的に
ニュアンスの違いは理解していました。


上手く説明出来ませんので
色々調べておりましたら

上手く説明されている方が
いらっしゃいました。

師匠と弟子の関係、先生と生徒の関係、の違い



私にとってAsami先生は
まさにお師匠さま

教えを伝え頂くのではありますが
そこから自分が何を学び

何に気付き、何を感じ

何を真似、何を吸収するか



そしてAsami先生という師から
伝え学ぶことの中から

自分がどう在りたく
何を学びたいか

何を疑問に感じるか



それはクライアントとして
ASAMI-PARISの芸術作品として

私たち自身の
主体性に委ねられています。



主体性
それは1人1人が持つ
輝く個性であり


それがセンスというもの
なのかと思います。




師と呼べる先生との出会いは
本当に奇跡です。


私もAsami先生の元にたどり着くまでに
いくつかのウォーキングレッスンを
受けたことがあります。
そこでのレッスンは続きませんでした。



師となる先生に対して
共鳴する部分が無ければ
レッスンは続かないのです。


また師と呼ぶべき先生に対して
リスペクトしたいと思わなければ
レッスンを受け続けようと思わないのです。


それは師のレベルと自分のレベルの
バランスもあると思います。



どれ程素晴らしい師であっても
今の自分のレベル
求める方向性によっては
合わないこともあります。

それはエネルギーのバランスとも
言い替えられる気がします。




その中でも1番大切だと感じることは
先生のお人柄と美意識の感覚

そして師の持つ信念。



何を美しいと感じるかは
人それぞれです。

自分の美意識と異なる
師の元でレッスンを受けると

感覚的にではありますが
どこかネガテイブな違和感が残ります。



ちなみにAsami先生ご自身は
以前レッスンの選び方として

師となる方の歩いている姿、動画を見て
美しいと感じる方を選ぶよう
勧められていました。


私自身はまだまだ粗削りな状態ではありますが
目指す歩きはAsami先生です。



在るべきパーツが
在るべき場所に正しくあるだけ

それが現代人にとって
どれ程難しいことか。


崩れたパーツの状態で
過ごしている方は多いです。

そのような方々が溢れており
正しく在るべき美しさを
見つけにくい環境の中から

本能的にでも美しいと
感じる師を見つけること

共鳴出来る美意識を持つ
師と出会えること



いつもの私であれば
奇跡と言いたい所ですが


決して奇跡ではなく
自分自身の中にある美しさと
師の持つ美しさが

共鳴し引き寄せ合った
結果なのだと思います。



自分の中にある美しさ・美意識と
師の持つ美しさ・美意識が共鳴した時


素晴らしい師を見つけることが
出来るのです。

それは師という意味だけではなく
普段どこにでもある出会いにも
同じことが言えると思います。


見つけた師の中には
必ず自分と似た部分があります。

なぜなら自分の中にあるものと
共鳴した方のもとに導かれているのだから。




師となる方を見つけてから
その方の門の扉を叩くまでに
時間はかかっても構わない。


タイミングは自分の直感が
時には周りの環境が
教えてくれ、導いてくれます。



自分の美意識を知り
直感を信じること。

自分がどのようになりたいのかを知り
なりたい自分に近い状態になっている
師を探すこと。


それが自分にとって最高の師となる方との
出会いに繋がることでしょう。

全ては自分の中にあるものとの共鳴。
自分の目指す未来との共鳴。



もちろんレッスンを受けてみて
自分の中に違和感があれば
無理に続ける必要は決してありません。

しかし、自分にとって
素晴らしい師に出会えたならば
レッスンをやめられなくなるのです。

もっと高みを目指したくなるのです。


それは師のレベルが
自分のなりたい目指すレベルとして
共鳴したということだから。



そう考えますとまだ未熟な私ですが
逆にまだまだ伸び代があるということ。


これからも
まだ見ぬ素晴らしい女神さまたちと
素晴らしい共鳴が出来るよう


私自身も目指す自分に向かって
常に自分のレベルを上げ続けられるよう


更なる高みを目指して
努力し続けなければと感じますし


実際に素晴らしい共鳴を体感し始めている今
より一層の努力をし続けたいと感じます。

camélia Ayako


千葉 ハイヒール camélia Ayako
あなたの心に従ってゆきなさい。
そうすれば最後にはきっとうまくいく。
ボブ・ディラン



















2017-08-18

自分の仕事を愛すること

先日、出張にて
素晴らしい職人に
お会いして参りました。


職人と言っても
ある専門分野の権威の方なのですが

ご自身の専門分野が
好きで好きで仕方がなく


その分野について日々深く追求され
多くの方々にご自身の経験、知見、技術を

限られた時間の中で
少しでも多く伝えたい気持ちが溢れており


だからこそ説明も面白くわかりやすく
仕事への姿勢が職人気質の方でした。


何事も写真等の画像ではなく
自分の目で必ず確かめるそうです。



まだ若い方ですが
ご自身のお仕事がとても大好きで

誇りを持って取り組んでいることが
ひしひしと伝わってきました。



同行された方も
別の分野のプロですが

皆さんそれぞれが
ご自身の専門に関わる視点から
質問やビジネスアイディアがどんどん出ており

皆さまそれぞれが
ご自身の仕事への深い愛を持たれて
取り組まれていることを感じました。



どのような分野であっても
1つの分野に熱中し没頭する人の姿は

美しく、凛々しく、格好良いものです。


そのような方々とご一緒出来た事も
とても貴重でありがたい機会であり

沢山の刺激を受けた出張となりました。



私も今のお仕事はこだわって選んだお仕事
その道も極めたい一方

「ハイヒールの哲学」もまだ未熟ながら
どんどん極めて参りたいと思います。

そして
どちらもが中途半端にならぬよう
気を引き締めて取り組んで参ります。

camélia Ayako


千葉 ハイヒール camélia Ayako
自分の仕事を愛し、それを大切に思うこと。
これ以上楽しいことがあるかしら?
キャサリン・グラハム


















2017-08-17

失敗を覚悟で挑み続ける

私は正直メイクが得意ではありません。
特にアイメイクは本当に苦手です。


目は私のコンプレックスの
パーツの1つです。

奥二重で重いまぶた。
睫毛は短い逆睫毛。



マスカラも、アイラインも、アイシャドウも
重いまぶたが邪魔をして
上手く出来た試しがなく

普段のアイメイクはアイブロウのみ。
睫毛にはエクステをしておりますが
今の時代に生まれて良かったと思う程でした。



先日のコンサルティングレッスンでは
やったことのない髪形・メイクに挑戦する
という課題が出ました。


髪形は色々と試してきましたので
特に挑戦というものはありませんでしたが

課題の回答として
思わずアイメイクのコンプレックスを
暴露してしまいました。



という事でアイメイクを始め
私のメイクへの新たな挑戦が始まっております。

目元周りは一番動きのある部分
アイラインは本当に難しく苦戦しています。


練習あるのみとわかっていても
左右対称にならず重いまぶたに邪魔をされ

アイプチに挑戦したり
やり直しを繰り返し

普段行わないことを急にやり過ぎたためか
思いの外擦りすぎたためか
先日重いまぶたが更に腫れてしまいました。



あまりにも悲惨な状態のため
Asami先生にご相談した所

何とAsami先生御用達の
Make Up Artist である純子さまを
ご紹介頂きました。


最初はSkypeでレッスンを行って頂ける
とのお話でしたが、色々伺いますと
丁度日本に滞在されており
何と純子さまの居場所は私の出張先でした。


しかも純子さまの日本滞在最終日と
私の出張日がたまたま重なっており

急ではありましたが
なんと実際にレッスンをして頂く事になりました。



急な申し出にも関わらず
とても親切で丁寧な対応をして頂き
本当に素敵な女神さまでした。


当日、雨上がりの千葉は寒く
出張先は汗が流れる蒸し暑さ。

お仕事の終了がギリギリになってしまい
私のメイクは溶け残りが更に崩れた状態。

出来ない状態だからこそ
レッスンを受けるのですが
とてもお恥ずかしい状態でした。



そのような始まりも何のその
レッスンにて私に奇跡が起きました。

コンプレックスだったまぶたが
最初のスキンケアとマッサージの効果で
途中二重になりました。


ハイヒールで美しく歩くためのレッスンも
素足のストレッチ・エクササイズから始まりますが

メイクも素肌を作り
顔の筋肉を整えることから始まるのです。


全ての土台となる部分を整え鍛えることの大切さ
基礎の大切さを改めて体感致しました。

アイメイクだけに留まらず
自分に合ったメイクや様々なコツを教わり
また気持ち新たに練習して参ります。



純子さまのメイクレッスンは本当に楽しくて
2時間がビックリする程あっという間でした。

仕上がりは自分で申し上げるのも何ですが
本当に自分でも美しいと思いました。


いつもの自分なのですが
いつもの自分とは少し違う。


私の気持ちも、少し自信が出てきたような
そんな気持ちに変化していました。


ほんの少しの一手間の積み重ねなのですが
実際に純子さまのレッスンを受けて
1㎜の世界にこだわられるお仕事を垣間見ました。

これがプロの技、プロの仕事なのだと
感じました。


コンプレックスの1つだった
私の睫毛も長い方との事で
睫毛パーマでも良いとのアドバイスも頂き
更に嬉しい驚きでした。



唯一の反省は「カリスマ性の構築」の成果を
純子さまに発揮するというAsami先生からの課題。

あまりにもレッスンが楽しくて
メイクを落としてレッスンが始まる頃には
顔も中身もスッピンになってしまい
夢中でレッスンを受けてしまいました。



私の帰りは終電間近でしたが
海外で活躍される純子さまのレッスンを
受けることが出来て本当に良かったです。

このご縁、このチャンスを掴めた自分を
本当に誇らしく思います。


宴もしかり、最近の私に起こる
奇跡的な素晴らしい出会いの数々に
改めて感謝せずにはいられません。



今まで出来ないと諦めて
手を付けずにきた私のアイメイク

挑戦と失敗の日々は
まだまだ当分続きそうですが
やり方を学んだ今は練習あるのみ。

皆さまにも美しくお披露目出来る
必ずいつかそのような日が来ることを目指して

そして次に純子さまとお会いする機会があれば
もっと美しく在れるよう
地道に練習を続けて参りたいと思います。




コンサルティングレッスン

それは
ハイヒールを履いて美しく歩くこと
その指導方法や人体学だけを
学ぶレッスンではありません。


コンサルティングレッスンでは
初めて知る様々な世界が盛り沢山です。

しかもそこで初めて知る様々な世界に
挑戦することも本当に多いです。



私の思うコンサルティングレッスン

それは
Asami先生という美しい女性が
ご自身の人生で培ってきた

美しく在るための
トータルビューティレッスンなのだと
最近真摯に感じます。


それを総称して「ハイヒールの哲学」
と呼ぶのだと感じています。


「ハイヒールの哲学」
それは美しさの極意

ハイヒールを履く女性が
心身共にバランスよく美しく在ってこそ

女性を構成する様々な分野
外見美をもが整ってこそ
自信というオーラを纏う事が出来

ハイヒールを履いて美しく歩くことが
より一層美しく際立つのだと思います。



私の人生において
コンサルティングレッスンで
メイクの課題が無ければ

このような機会に
恵まれることはありませんでした。


本当に素晴らしいタイミングと
皆さまの愛に感謝してもしきれぬ状態です。


愛の循環、恩返しとまでは参りませんが
Asami先生や純子さまのように

私も目の前に現れる女神さまのために
誠心誠意、全力投球出来るような女性
Artist になりたいと思います。


愛溢れる純子さまへ
奇跡的なご縁と素晴らしいお仕事に
心からの感謝と尊敬を込めて
camélia Ayako
千葉 ハイヒール camélia Ayako
失敗を覚悟で挑み続ける。
それがアーティストだ。
スティーブ・ジョブズ




















2017-08-16

階段

日々歩いていて
一番姿勢や見え方を意識し気をつける時


私にとっては、階段を上り下りするるとき


なぜなら、この時の足元が一番
他の方々の目線に留まりやすくなるから。



Christian Louboutinの赤いソール
赤というだけで美しく目立ちます。


即ち、魅せ方が悪いと
ハイヒールが美しく目立つだけに

履く女性の振る舞いが美しくないと
逆に悪目立ちしてしまいます。


ハイヒールをいかに美しく魅せ
そのハイヒールを履く自分自身を
いかに今以上に魅せるか。


ちなみにAsami先生から教えて頂いた
階段で気を付けるポイントは

「膝と膝と必ず合わせること」です。



階段を上るとき
後ろの方々はもちろん、遠目からも
足元はよく見えます。


階段を下るとき
前から上って来られる方に
足元はよく見えます。



足元だけでなく、下るときは
全体がよく見えます。


自分の姿全体が
周りからよく見えるのにも関わらず

階段の上り下りは
姿勢が崩れやすい動きだと感じています。


段差の高さ、傾斜によっても
バランスを崩しやすいのが
階段だと感じます。


なるべく階段は、いつも以上に
ゆっくり丁寧に動くように
心がけています。




階段を下ると言えば
昔、エスカレーターで押されて
エスカレーター内で転んだことがあります。


地面が動いている中での転倒は
想像以上に身動きが取れず
恐ろしいものでした。



今でも私の膝には
その時出来たエスカレーターの窪みの傷が
川の字のように残っています。


この経験から、動くものに乗る時は
何かに掴まり身を守るようになりました。



人混みの階段も少し怖いので
必ず手すりに掴まれるようにしています。


掴まれると言っても基本沿える程度ですが
その所作もまた、私の中では
エレガントの表現の練習の1つ。



日々の当たり前の行動1つ1つでも
エレガントを意識し続けることで

少しずつ本物のエレガントに近づくのかと
感じています。

camélia Ayako


千葉 ハイヒール Camellia Ayako
トレーニングは1円貯金のようなものだよ。
あわてちゃダメだ。続ける事だよ。

















2017-08-15

志を持って事を成す

先日とあるセミナーに参加してきました。

その中のお話であったこと。
第4次産業革命。


AI、人工知能により
現在の半分以上の仕事が
なくなるようです。

もちろん、それに伴い
新しい仕事も出てくるようです。


言っても、あと十数年の話。

人口減少に伴う労働力の確保のため
先進国では人工知能の開発が進められ
実現していくようです。

楽しみなようで少し怖い世界です。



人工知能の得意分野は
情報の集積とデータ分析・判断
しかも人間より早く正確に出来るようです。

まだ判断データ等を集積させる
段階のようですが
本当に時間の問題だと思います。


事務や軽作業も得意とする分野になってきます。

今までのロボットは
物を掴んだりする動きは出来ても

目が見えなかったため対象物が認識出来ず
限られた作業になっていたようですが

夢ではなく現実的にロボットと共存する
社会、世界が近づいてきているようです。



逆に人工知能が苦手とする分野。
それは芸術、人が感じる感覚的なこと

これは逆に完璧ではない人間だからこそ
表現できる人間らしさの部分なので
なかなか難しい部分のようです。


そのため、今後の仕事は
人間らしく、人間らしい仕事を
していかなければならないという
お話がありました。



仕事ではなく志事。
志を持って事を成す事。

そこで売り手・買い手の双方が
幸福を感じられる仕事を行うこと。

日本文化として生き続ける
商いというビジネスの考え方。
とても大切なことだと思います。


特にこれからの将来
人間らしくあること、心を忘れないこと

本当に大切なことだと思います。


人工知能は本当に賢い。

人間が作ったものであるけれど
人間より遥かに賢く

いつ人間を超えた賢さをもって
支配されてしまうかもしれない
リスクのあるもの。


とても便利になっていますが
だからこそ私たちは考えることを
疎かにしてはいけないと思います。



また人工知能同士が
人間にはわからない言語で
コミュニケーションを取ることも
今は危険視されているようです。

まだ仮説ですが
本当に起これば恐ろしいことです。


その時に、自分の頭で考え
行動出来る人間が
どれほどいることでしょう。

人間が何も考えないことに
慣れてしまうことこそが
危険なのではないかと感じます。



ハイヒールで正しく美しく歩くこと。
これだけでも、かなりの頭を使います。


行先、歩くスピード、天気や荷物を計算して
あくまでも美しく生活すること。

それを毎日行うことは
もはや職人技の領域。


自分軸を作ることは
自分の頭でしっかりと考えて
行動する必要があります。


未来はどうなるかわからない。

だからこそ自分軸をしっかりと作り
自分の頭で考る訓練をすることは
様々な意味で重要な事だと感じています。


本当に来るかわからない
第4次産業革命

来ても来なくても、どちらにしても
私は今から自分も周りも幸せになる

志を持って事を成す
お志事が出来るよう心掛けたいと思います。

camélia Ayako


千葉 ハイヒール camélia Ayako
幸福というものは、一人では決して味わえないものです。
アルブーゾフ


















2017-08-14

私にとってのChampagne

Asami先生を始め
Asami先生のクライアントの皆さまは
お酒が得意な方が多いかと感じています。

私も苦手ではありませんが
基本1人では飲まないため
お家にお酒はありません。


Asami先生のオートクチュールレッスン後は
Champagneが振舞われますが
これは格別美味しゅうございます。

毎回レッスンの度にChampagneは
流石に贅沢なので

もう少し手軽に常備出来る
私にとってのChampagne代わりを
考えておりました。


今 私のレッスン後のChampagne代わりは
エルダーフラワーBOTTLE GREENシリーズ
簡単に言えばハーブシロップの炭酸水。

昔、オーガニック専門店でのお食事の際
初めて飲んでとても美味しかったので
その時からお取り寄せしております。


Champagneではありませんが
気分はとても優しく優雅な気分になれるので
私は大好きです。

この時期は特に美味しいので
消費量がUPする一方ですが

レッスンは厳しい時もあります。
お仕事とプライベートの両立も
とてもエネルギーを要します。

だからこそ楽しみを持って取り組むことも
大切なことだと思います。


更に、それを頂くグラス
半年ほど前にBaccaratのグラスを買いました。

最初は恐る恐るではありましたが
こちらも日常に溶け込み
美しい生活を彩ってくれています。


この時期、氷を入れた時に鳴る
音の響きがとても美しく
もっと聞いていたい衝動にかられます。


自分の周りを纏うもの
少しずつではありますが
新しく購入するものは

物に込められたエネルギーが
高いと思えるものを選ぶように
なってきた気がしています。


私のエネルギーが上がった訳ではなく
自分のエネルギーを上げたいという
私自身の心の現れなのだと思います。


日々芸術品を使用してみて感じること。
それは自然と意識しなくても
丁寧な生活を送るようになりました。

それは全てにおいての基礎
ゆっくり丁寧に動くことに繋がっていると感じます。

camélia Ayako



千葉 ハイヒール camélia Ayako
「できること」が増えるより
「楽しめること」が増えるのが、いい人生。
斎藤茂太